見学のお問合せは
047-441-9810
〒273-0121 千葉県鎌ケ谷市初富354番1

おおぞら保育園スタッフブログ

おおぞら保育園のスタッフブログです。
新しい年度は始まりました。2018.04.02

新しい年度が始まりました。

元気で活動的な子ども達17名が巣立っいきました。

西部、東部、中部、鎌ヶ谷、松飛台第2小学校にそれぞれが進学します。

4月10日(松戸)11日(鎌ヶ谷)が入学式です。 わくわくドキドキ

していることでしょう。 入学後、元気な姿を見せにきてくれること楽しみに

しています。

 「たくさんの思い出ありがとう」

 

新しい友達の生活がスタート 

16名の子ども達を迎えて新年度がスタートしました。

たくさんあそび たくさん友達をつくり いろいろなことに挑戦して

楽しい園生活にしましょう。  よろしくお願い致します。

 「元気な声が響きます。」

 

 

暖かい穏やかな一日2018.03.14

暖かい穏やかな一日

初夏を思わせるようなあたたかな一日

暖かさに合わせて身体もよく動きます。

 「登り棒に挑戦」

良く動く体 5歳児を中心に登り棒に挑戦。高いところから見る眺めは最高

ももぐみは散歩に 牛を見にいこうと出発したものの 用水路にはっぱを流したり、草花を摘んだり、 砂の溜まり場で砂遊びをしたり、子ども達の気づき、発見を大切に目的地に行くことは変更、 保育では子ども達の興味、関心に寄り添うことは大切なことです。

しばらくしてりんご組の子ども達がお散歩に、もも組も一年後にはりんごさん

のようになるのかな  1年の成長は大きいものですね。

 

 

白銀の世界・雪遊び2018.01.23

白銀の世界・雪遊び

昨日から降り始めた雪、降園時に「明日はゆきであそべるね」「なにして遊ぼうか」

そんな会話が聞かれました。 家路につくまで頭のなかは雪遊びでいっぱい、

登園からわくわく、「はやく、はやく遊びたい」という気持ちを抑えられなくて

身支度どころか雪の感触を楽しむ姿がありました。

 「登園前の雪かき 動線の確保」

 

「いの一番で雪合戦!  さあ、これからはじまるよ 覚悟はいいいかな」

 

 

「雪合戦も盛り上がっていましたが定番の雪だるまをつくらないと」

 

 「札幌の雪まつりさながらの 雪像」

「マイペースで雪だるまづくり、さらさらの雪に苦戦しながら、もう少しで完成」

 

 「雪合戦 観戦中 」

「お兄さん、お姉さん、そして童心にかえった先生の雪合戦にくぎ付け 、圧倒

されて身動きが取れず、 ゆきをぶつけ合うあそびなんてはじめて! 」

 

 「ひたすら あるく」

「雪の感触を確かめるように ひたすら歩いています。 ざくざく、つるつる、ずぼ、ずぼともぐる感覚、 時折しゃがみ、雪に触れてみたり、五感をフルにつかっています。 雪を口に入れてはいませんので厳密には4感をつかっていました。

 

 

家づくり かなづち体験 3日目2018.01.11

家づくり かなづち体験 3日目

最高気温はさほど上がらないと予報がでていましたが

心地よい温かさになり、活発に遊んだ一日です。

かなづち体験3日目 昨日、取り組んでいた子ども達が中心になり

制作に加わりました。

 

 

腕前をあげましたね。 昨日よりもスムーズにくぎ打ちができています。

赤い帽子はりんごぐみさん(2歳児) お姉さんの作業を興味深く見ています。

こころの中は「わたしも やりたい、やりたい、やりたいな」

 

 

 

と 言うことで、安全には配慮し、はじめてのかなづち体験 、思っていた以上の

重さに思うようにくぎが打てません。「 がんばれ がんばれ !」

 

 「家づくりをみる、お椅子」

おにいさん、おねえさんの作業を椅子に座ってみています。

「隙あらば、 またやれせてもらおうかな」

 

園庭にて めろんぐみは体操   なわとびをやりました

 

リズムよく跳躍、縄の回旋もスムーズになりました。

新年はじまりました。2018.01.09

4日から保育がスタートしましたが

本日9日から通常の出席数になり保育園に活気がもどってきました。

子ども達は休み中の出来事に花を咲かせ、久しぶりに会う友達

と満面の笑みで遊びだす光景が見られました。

遅れましたが今年も宜しくお願い申し上げます。

職員一丸となり、毎日が楽しく、充実した生活が送れるよう頑張ります。

 

かなづち体験、初日

 

本日より園庭に置かれているおうち(小屋)と同型を制作し始めました。

まずは制作に興味があるめろん組さんがおこなってみました。

周囲に注意を払い、慎重かつ大胆に、くぎを打ちをしました。

「 はじめてにしては  じょうでき  じょうでき 」

「また あしたも やろう 」「みんなにおしえてあげないと」と

明日の取り組みも楽しみにいる子ども達です。

 

 

 

 

 

明日からお休み2017.12.28

明日からお休み

明日からしばしお休み。

進級、入園から9か月、子ども達の成長に胸躍らせながら

日々、子ども達との生活を楽しんできました。

子ども達の純粋なこころ、素敵な笑顔に、私たち保育にたずさわるものは

元気をもらい、勇気づけられ、時には「先生しっかり、おやりなさい」と

激励の言葉も、毎日がいきいきと活力ある空間でともに過ごせたこと

うれしい限りです。

保護者の皆様にも支えられ、保育に対してご理解をいただきましたこと、感謝して

おります。

しばしのお別れ、きっと一日もたずに「子ども達にあいたい」と思うに

違いありません。

また来年、元気に保育園にきてください。   たくさんあそぼうね。

 「のどかに時がすぎて」

昨日、山砂をいれました。早速、ほったり、のぼったり、粘土質の土を発掘したり

わいわいと楽しく、遊んでいます。 微笑ましい光景

 

クリスマス2017.12.25

クリスマス

サンタクロースはくるのかな

わくわくドキドキ、 園庭で遊んでいると

鈴の音が保育園内に響き渡りました。

「もしかしたら サンタクロースがきたのかな」

即座に鈴の音に反応する子ども達。

園庭で遊んでいる子ども達の視線は園舎へむけられます

 

2階園舎に🎅サンタクロースを発見 「やったー 白い袋をもっていたよ」

「もしかしたら、事務所にいるかも」 みんなで事務所をのぞきに、

サンタを発見できず・・・

いそがしいサンタクロースは風のように去っていきました。

 「園内を探索」

りんごぐみ おやつのクリスマスケーキを食べ終えると

サンタクロースからのプレゼントをみつけに「サンタさん どこにおいたのかな」

サンタからのプレゼント入りの袋をみつけ、思わずにっこり、目をそらすことなく

プレゼントを注視、 「よかったね サンタさん、わすれれなかった」とにっこり

「サンタさん、ありがとう また、来年、たのしみにまっています。」

 

避難訓練2017.12.15

避難訓練

毎月1回、避難訓練を実施しています。

火元は給食室、初期消火が失敗した想定で第1避難場所(園庭)から

第2避難場所(裏門側遊歩道)に避難しました。

 「落ち着いて避難」

避難放送(ベル)が鳴り、アナウンスに従い、園庭に避難します。

 「第2避難場所に移動」

初期消火の失敗の連絡を受け、第2避難場所へ移動します。

火災には最善の注意をはらっていますが万が一に備えて、継続した訓練を実施

しています。

 

 

共に学ぶ2017.12.13

共に学ぶ 

今日は印西ひかり認定こども園の職員(副園長先生と0歳児保育士)の方々

が園見学に来園しました。

主に0歳児のクラス運営についての見学、学びになりました。

気づき発見、そして私たちの保育についてのアドバイス等双方の園にとって

保育を検証し見直す機会がもてました。

 「子どもの姿に目を凝らし」

 

見学者がいてもマイペースで遊んでいます。 白樫の木肌に模様を発見

みてみてとアピールしています。ふたりで気づきの共有 いいことみつけたね

 

 

 

陶 芸 (めろん組)2017.12.08

陶 芸 (めろん組)

めろん組の陶芸  船橋市から石陶房(せきとうぼう)職員の指導のもと

陶芸に取り組みました。

 

「 準備が終わり職員紹介、続いて制作工程の説明、 制作の題材は魚

保育の中で読み聞かせてきた絵本から、魚への興味関心をもった子ども達、

陶芸で魚をつくったら、素敵な作品ができあがるだろうと取り組みました。」

 

「まずは粘土を均一に手のひらでたたき、のばしていきます。 」

 

「のばした粘土に事前に描いた型紙をのせ、竹串で形をぬいていきます。」

 

「形をぬき、 へりをなじませ、型紙のイメージにそいながら目やうろこを描いていきます。」  薬がけ、焼成は窯元にお任せし数か月後の納品を待ちます。

陶芸をやってみたい、出張陶芸教室に関心のある方は石陶房(せきとうぼう)のホームホームページをのぞいてみて下さい。

カレンダー

2023年1月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリー